• ホーム
  • 口唇ヘルペスの治療は早期のほうがいい?病院に行って受診しましょう!

口唇ヘルペスの治療は早期のほうがいい?病院に行って受診しましょう!

2019年12月15日
病原体

口唇ヘルペスが再発する時には、くちびるがピリピリするなどの違和感があります。再発の予感がしたり、症状が出たら早い段階で治療を始める方が治りも早くなります。口唇ヘルペスは基本的に皮膚科が得意とする疾患ですが、風邪をひいた時に症状が出ることも多いので内科を受診する人もいいです。初めて感染した時は、神経痛に似たような痛みが伴うこともあるので放置することなく早期に検査をして治療を行うことが大切です。特に症状が出ていなければ診断がしにくい側面もあるので、効果的な治療を受けるためにも、皮膚科や内科を診療し放置しないようにします。治療をしていくにはウイルスを撃退する効果がある軟膏や抗ウイルス効果がある錠剤が一般的ですが、医師に診断をしてもらう必要があります。診断方法として血液検査がありますが、単純ヘルペスウイルスに今まで感染したことがあるか、ないかがわかります。できている皮疹が単純ヘルペスが原因で起こっているかをはっきりさせることは難しく、麻疹・水疱瘡などは血液検査で調べることができます。単純ヘルペスに関して血液検査で陽性結果が出ることがありますが、必ずしもこの検査で現在かかっているヘルペスに対して反応していることを意味していません。はっきりさせる方法は、症状が出ている場所の水ぶくれを綿棒でこすり取り、ウイルス抗原を培養して調べる方法があります。

これらにはウイルスの増殖を抑える効果があり、ウイルスを消毒する効果は期待できません。また神経に潜伏しているウイルスには、これらの薬を摂取しても効果がないとされます。ここで処方される薬はバルトレックスやゾビラックス・ファムビルなどがあり、多くの口唇ヘルペスの症状に用いられています。バルトレックスは、バラシクロビル塩酸塩を有効成分とするヘルペスウイルスの増殖を抑える薬になります。単純疱疹を始め、性器ヘルペス・水疱瘡の治療に用いられます。ウイルスは最近よりも小さく他の生き物の細胞内で増殖することが特徴で、ヘルペスウイルスの仲間は特に粘膜や皮膚に水ぶくれを作ります。この薬はそのような症状に用いますが、ヘルペスウイルスの増殖を抑える効果もあるので、ウイルスが少ない発症初期には効果的とされます。早期治療で病状の悪化も抑えることができるので、さらに治癒も早まるというメリットがあります。ゾビラックスはアシクロビルを有効成分として配合している薬ですが、基本的にはヘルペスウイルスの増殖を抑えていきます。ファムビルはファムシクロビルを有効成分とする錠剤で、服用した後に速やかにウイルス活性を持っているペンシクロビルに代謝されることが特徴です。ペンシクロビルは特にヘルペス群ウイルス感染細胞内にて特異的にリン酸化されますが、それはペンシクロビル3リン酸となり変化します。これがウイルスDNA鎖の伸長を停止させることになりますし、DNAの複製を阻害していくことによってヘルペスウイルスの増殖を抑える効果が期待できます。

関連記事
感染原因は性行為?カンジダの症状と治療法教えます!

腟カンジダはもともと膣の中にいる常在菌でもあるカンジダ菌が増殖することで起こり、おりものやかゆみなどの不快な症状が起こります。カンジダ菌は健康な女性でも口の中や消化器官・皮膚や膣に存在しているので、通常の検査でも見つけることができます。この症状が出てくるのは、風邪やストレス・疲労など日常生活で免疫力...

2020年04月28日
口唇ヘルペスは市販薬で治せる?処方薬との違いとは?

口唇ヘルペスの治療薬にはヘルペシアクリームやアクチビア軟膏、アラセナなどがあり有効成分としてはビダラビンやアシクロビルと呼ばれている有効成分が作用します。価格帯も様々ですがヘルペシアクリームは有効成分がアシクロビルで、外用薬として使用していきます。アシクロビルはヘルペスウイルスの増殖を防ぎながら、再...

2020年03月19日
バルトレックスでヘルペスを治療しよう!服用方法と入手方法とは?

バルトレックスはバラシクロビル塩酸塩を有効成分として配合し、ヘルペスウイルスの増殖を抑える効果があります。単純疱疹や帯状疱疹を始め、性器ヘルペスや水疱瘡などの治療にも使用されていて処方薬も存在しています。入手方法は病院へ行き診療をしてもらい処方薬としてもらうこともできますが、バルトレックスは通販で購...

2020年01月22日
男女で違う?性器クラミジア感染症の症状と治療方法

性器クラミジア感染症は約半数の人たちが自覚症状に気がつかないとされていますが、男女でも症状の出方が違うのでパートナーと症状の共有もしにくいのが特徴です。テトラサイクリン系や、ニューキノロン系などの飲み方の薬があります。男性の症状は感染して1?2週間ぐらいの間に、尿道炎が引き起こされます。排尿時に刺激...

2020年02月21日
男女別で見るトリコモナスの症状や感染経路について解説

トリコモナス症はトリコモナス原虫が性器の内部へ侵入することが、原因で引き起こされる性感染症です。国内でもトリコモナスの患者自体は減少傾向にあるのですが、感染力は未だに衰えていません。さらに再発する可能性が高いですし、自覚症状がほぼない人もいて知らない間に感染させてしまっているケースもあります。主な感...

2019年12月23日
口唇ヘルペスを再発させないためには?原因と予防法を解説します!

口唇ヘルペスの原因である単純ヘルペスウイルスは、一度感染するとその後症状が治っても頭にある三叉神経と呼ばれる太い神経の集まっているところに潜伏しています。普段は、三叉神経にいるため大人しく活動もしていません。また三叉神経は痛いや、感触・冷たいや熱いなどを脳に伝える働きのある神経ですが、発熱・疲労や月...

2019年12月19日
ウイルス感染症の一つ性器ヘルペスに感染する原因と症状とは?

性器ヘルペスは感染するとウイルスが体内に潜伏し、抵抗力が落ちた時を見計らって再発します。年齢が高くなるほど有病率も高くなりますが、ウイルスのタイプによって1型と2型が存在しています。性器ヘルペスの感染原因は、主に性交渉で再発を繰り返すことによりメンタルまでもダメージを受けてしまいます。性器に水ぶくれ...

2019年12月17日