• ホーム
  • 口唇ヘルペスを再発させないためには?原因と予防法を解説します!

口唇ヘルペスを再発させないためには?原因と予防法を解説します!

2019年12月19日
心配している男性

口唇ヘルペスの原因である単純ヘルペスウイルスは、一度感染するとその後症状が治っても頭にある三叉神経と呼ばれる太い神経の集まっているところに潜伏しています。普段は、三叉神経にいるため大人しく活動もしていません。また三叉神経は痛いや、感触・冷たいや熱いなどを脳に伝える働きのある神経ですが、発熱・疲労や月経・ストレスや強い紫外線を浴びることで体の免疫力が落ちます。これにより単純ヘルペスウイルスが再活性化し、増殖したウイルスが神経細胞の中を通りながら唇やその周辺へと移動します。一度感染するとこのように、体調を崩した時など免疫力が低下した時に発症しますが、ここで有効な線分はリジンとされています。ヘルペスウイルスを保持している人がリジンを服用することによって、発症の確率を少なくすることができます。これは医療センターでも実証されていることから、信用性のある情報です。特に麦や牛肉に多く含まれているリジンですが、サプリメントとしても商品化されていて気軽に試すことができます。ビタミンC・亜鉛は皮膚の修復作用を期待することができるので、リジンと一緒に摂取すれば相乗効果を発揮します。さらに規則正しい食事方法や睡眠不足を解消することも、口唇ヘルペスの再発を予防する一つです。逆にヘルペスを誘発しやすい食べ物は、ナッツ系や大豆・レーズンや玄米・エビとされています。ヘルペスウイルスの栄養素となっているアルギニンが、これらの食品には多く含まれているからです。

十分な睡眠時間やバランスの良い食事をとりストレスを溜めない生活が、ヘルペスの予防には必要不可欠になります。ヘルペスの見た目は水ぶくれが繁殖した状態のことで、代表されるものが単純ヘルペスウイルスによって引き起こされる口唇ヘルペスがあります。原因は性交渉などがありますが、水ぶくれが潰れた時に他の部位へ感染することもあるので注意が必要です。患部に触れた時は、必ず手を洗い消毒効果のあるもので対応することが大切です。感染自体の予防は予防接種がありますが、今現在は単純ヘルペスウイルスへの感染を予防することができるワクチンが開発されていません。この段階で感染を防ぐには、ウイルスを持った人との接触は避けることが1番です。感染力が特に強いので直接的な接触は、もちろん感染する可能性が高いですし、ウイルスが付着しているタオルやコップからも感染することがあるのでそれらの共有は避けることにします。再発の予防は水疱が出る前に、軽い刺激やかゆみが現れることがあります。この時にウイルスを抑える効果がある薬剤を用いると悪化することなく症状を抑えることができます。症状が出ている人の水疱・ただれが起きている部分には触らないようにし、手洗いはしっかり殺菌効果のあるハンドソープで洗います。患部はガーゼなどで覆っておき、患部がびらんになっている時は入浴は控えた方が良いとされています。

関連記事
バルトレックスでヘルペスを治療しよう!服用方法と入手方法とは?

バルトレックスはバラシクロビル塩酸塩を有効成分として配合し、ヘルペスウイルスの増殖を抑える効果があります。単純疱疹や帯状疱疹を始め、性器ヘルペスや水疱瘡などの治療にも使用されていて処方薬も存在しています。入手方法は病院へ行き診療をしてもらい処方薬としてもらうこともできますが、個人輸入で通販で購入する...

2020年01月22日
男女別で見るトリコモナスの症状や感染経路について解説

トリコモナス症はトリコモナス原虫が性器の内部へ侵入することが、原因で引き起こされる性感染症です。国内でもトリコモナスの患者自体は減少傾向にあるのですが、感染力は未だに衰えていません。さらに再発する可能性が高いですし、自覚症状がほぼない人もいて知らない間に感染させてしまっているケースもあります。主な感...

2019年12月23日
ウイルス感染症の一つ性器ヘルペスに感染する原因と症状とは?

性器ヘルペスは感染するとウイルスが体内に潜伏し、抵抗力が落ちた時を見計らって再発します。年齢が高くなるほど有病率も高くなりますが、ウイルスのタイプによって1型と2型が存在しています。性器ヘルペスの感染原因は、主に性交渉で再発を繰り返すことによりメンタルまでもダメージを受けてしまいます。性器に水ぶくれ...

2019年12月17日
口唇ヘルペスの治療は早期のほうがいい?病院に行って受診しましょう!

口唇ヘルペスが再発する時には、くちびるがピリピリするなどの違和感があります。再発の予感がしたり、症状が出たら早い段階で治療を始める方が治りも早くなります。口唇ヘルペスは基本的に皮膚科が得意とする疾患ですが、風邪をひいた時に症状が出ることも多いので内科を受診する人もいいです。初めて感染した時は、神経痛...

2019年12月15日