最新の投稿
カプセルと瓶と葉

口唇ヘルペスは唇を中心に周辺にも小さな水ぶくれができ、単純ヘルペスウィルスに感染することで発症する病気になります。感染経路は直接接触でうつる場合と、単純ヘルペスウイルスがついているタオル・食器などからも感染します。これにより恋人同士や家族間で赤ちゃんを含め感染が多く、一度感染して免疫を持っていても再感染・再発を繰り返すことが特徴です。特に大人に見られる口唇ヘルペスはほぼ再発することがわかっており、年に1?2回は再発するケースが多いです。単純ヘルペスウイルスには基本的に2パターンあり、1型と2型に分かれていてうつることには違いがありません。1型は顔を中心に唇など上半身に症状が現れ、2型は性器を中心に下半身に主に発症していきます。一昔前までは子供や赤ちゃんの頃に多くの人が、家族から口唇ヘルペスにうつる感染経路でしたが、最近は特に衛生状態が改善されていますし核家族化などが影響していてうつる可能性が低くなっています。20?30代の人たちの中では50%前後の人しか単純ヘルペスウイルスの抗体を持っていません。

特に年齢が高くなっていくにつれて、抗体を持っている人が増える傾向にありますが、抗体を持っている人は減少しつつあります。赤ちゃんのうちに単純ヘルペスウイルスに初めて感染すれば、水ぶくれ症状がほぼないか軽症であることがほとんどです。しかし、逆に大人になって感染すれば症状が重症化することもあるので、注意が必要になります。1型の抗体を持っていれば、2型にうつる可能性が低く、発症しても軽症で済むことがあるのはこれが理由です。口唇ヘルペスの予防をするには、口唇ヘルペスが発症しやすくなる状況を回避することになります。その状況は人によって異なりますが、疲れたりストレスが溜まっている時や、風邪をひいたり強い日差しに当たった後に発症することが多いです。この状況を避けることによって、大きな予防策につながります。早寝早起きをしたり、不摂生をしないよう、規則正しい生活を心がけるだけでも予防効果が発揮されます。初感染した後には、ヘルペスの症状が治まっているように見えてもウイルスが体内からいなくなったわけではないです。腰のあたりの神経に侵入・潜伏していて、その後に何かのきっかけがあれば再活性化することも多くなります。神経を伝いながら皮膚や粘膜上に出てきて病変をつくりますし、これに関する再発は他の人から感染したものではありません。現在の医療技術ではこの潜伏しているウイルスを無くす薬や治療法がないので、できるだけ症状が出てこないような生活習慣を心がけます。また口唇ヘルペスは肉体的や、精神的なストレスによって体力・抵抗力が落ちている時に再発します。バランスの良い食事を十分に取り、日頃から体の健康面だけではなく精神的な部分でも健康な生活を心がけることが大切です。

特にこのような状態の時に、強い紫外線を浴びたりする活動は全身の免疫力をさらに低下させてしますので避けるようにします。症状が出ている時にはウイルスの量が多いですが、さらに感染力も強くなるので人との接触には注意が必要です。ウイルスがついているとされるタオルや食器は人に触れないようにしますし、食器は洗剤で洗うことによってウイルスが効力を失います。タオルも洗剤によりウイルスが排除されるので、他のものと一緒に洗っても問題がないです。特に相手が免疫力を持っていることで、発症しない可能性もありますし、発症したとしても軽症である場合が多くなります。赤ちゃんの場合は母親が免疫力を持っていない時には、重症化することもあるので注意が必要で抗体を持っていないパートナーにも気をつけます。性交渉はパートナーにも発症させる危険性があり、重症化することが多いです。